徒然亭草若師匠

野辺へ出てまいりますと春先のことで、
空には雲雀がピーチクパーチクピークパーチクさえずって、
下にはれんげたんぽぽの花盛り。
陽炎がこう燃え立ちまして、
遠山にはすうっと霞の帯をひいたよう。
麦が青々と伸びて、菜種の花が彩っていようかという本陽気。
やかましゅうゆうてやってまいります、その道中のよーきなこと。

ちりとてちん」のドラマが大好きで、渡瀬さんが噺すこの「愛宕山
の冒頭を暗記したりしてたよ。
今日、改めてドラマを見直して号泣。
客席からふらっと復活の高座に上がるシーンとか当然素晴らしいんだけど、
病室で語りかけるシーンとかも地味だけど良いんだよねぇ。
小次郎さんを励ますところとか、号泣もんです。
いい俳優さんだったなぁ、本当に。
たくさんの感動をありがとうございました。

師匠、正太郎おじいちゃんに会えたかな?
今頃あちらの高座で『地獄八景亡者戯』やってるのかな。

草若師匠、渡瀬恒彦さんのご冥福をお祈りいたします。

広告を非表示にする